千葉県館山市の焼き立てワッフルと多くのお菓子作家さんの手作り焼き菓子を販売+雑貨のお店です。お菓子は通販でお取り寄せもできます。

おやつマルシェ
雑貨オウル

館山名産のいちごを使ったかき氷

館山いちご100%たっぷり果肉かき氷

ごめんなさい!2016年の館山のいちごかき氷はすべて完売してしまいました!また来年お会いしましょう!(下記ふわふわマンゴーはあります!)

--------------------------

館山に美味しいスイーツを!その思いをこめて、このかき氷を作りました。

 

春、館山には多くの観光客が押し寄せます。それは「イチゴ狩り」。

通常、イチゴは初夏に実をつけますが、館山の温暖な気候と日照時間が確保できることからお正月から美味しいイチゴが楽しめます。

そして、5月初めのゴールデンウィークでいちごの季節は終わり。近くのイチゴ狩りセンターも来年のお正月まで長いお休みに入ります。

イチゴ狩りについての詳細はこちら

 

この館山のいちごを使って、いちご狩りの季節ではない時期に、美味しいスイーツはできないものか?

結果、生まれたのがこの、

 

館山いちご100%たっぷり果肉かき氷

 

なのです。

館山のいちご

館山イチゴ狩りセンターの農家さんからいちごを仕入れ、丁寧にヘタをとり、砂糖をまぶすといちごから水分が滲み出します。それにレモン果汁を加えただけの、シンプルに!あのおいしいいちごを味わっていただける逸品になっております。

 

このいちごはなぜおいしいのか?いちごを実際に仕入れさせていただいている農家さんに聞いてみたところ、このような答えが返ってきました。

 

●イチゴを育てる上で考えている熱い想いを教えて下さい。
 「低農薬の為にIPM農法を実施。常に美味しいいちごが食べれるようにと温度や期間で熟度を調整管理を行っています。」

(※IPMとは総合的病害虫管理のことで、病気や害虫の防除に際して、利用可能なすべての防除技術を利用し、農薬により病害虫や雑草を殲滅するのではなく、例えば、害虫を食べる昆虫をつかう、果実の袋掛けなどの物理的防除、土壌の改善や連作障害の回避、太陽熱消毒、紫外線除去フィルムの使用などさまざまな技術や方法を使って総合的に行うこと)


●館山のイチゴ狩りは有名ですが、他とどう違うのでしょうか?
 「房総半島、しかも館山の温暖な気候と冬場の寒暖差により美味しいのですが、更に、樹で熟すので格別な美味しさ。毎年、皇室にも献上される館山のいちごは逸品です」

 

これはおいしくなるはずですよね!

使用しているいちごの品種は

⇒章姫(アキヒメ)

 身が柔らかく酸味が少ないので甘く感じられ、酸味の苦手な方に人気
⇒さちのか(幸の香)

 甘みのバランスが良く、果皮が確りしていて、甘くて、食べて幸せになるように命名された。
⇒紅ほっぺ

 上記のいちごを元に生まれた今人気の品種。ほっぺが落ちるほど美味しいという意味で名付けられた。

 

主にこの3種類。

 

このかき氷の特徴はなんといってもいちごの果肉。柔らかく甘酸っぱい果肉がたくさん入っていてシャリシャリ氷の食感とあいまってこれぞ自然派スイーツ!と顔がほころんでしまうことでしょう。

 

氷も0度を少し下回るくらいの温度のものを、業務用のかき氷専用機にてできるだけ薄く削りだしますので、ご家庭では出すことができない、ふわふわのかき氷を楽しんでいただけます。

 

練乳をかけると美味しいので、基本的に練乳をおかけしますがもし不要な場合はおしらせください。

館山いちご100%たっぷり果肉かき氷

 

7月中旬頃からはじめますが、春に仕込んだものを冷凍庫で保管している都合上その容量の問題もあり、お出しできる数量が限られております。なるべく早くおいで頂けますと幸いです。

 

 

 

食べられた方に感想をお聞きすると、

●すごいおいしい!ものすごくおいしい!

●甘すぎずさっぱりしていて食べやすい!

●もう一杯、ぜんぜん食べられる!

●最後までちゃんといちごが味わえる!

 

とご好評を頂いております。

これぞまさに!

夏に味わえる、

館山のいちごをふんだんに使ったスイーツ!

ぜひ堪能しにおいでください。

 

ふわふわアイスのようなマンゴー台湾かき氷

ふわふわアイスのようなマンゴー台湾かき氷

(毎年8月より販売開始予定。日程はおやつマルシェブログを御覧ください。)

 

千葉県館山市で楽しめるマンゴーの台湾かき氷!

 

氷自体に味がついている氷。

これを薄く薄く削ることで、見た目が絹のようなかき氷がうまれて空気を多く含むふわふわのかき氷ができます。

 

通常の氷ではシャリシャリという食感が普通ですが、このかき氷はくちどけ滑らか、後味に強いフルーツなどのフレイバーと香りを残して消えていきます。

 

これが台湾の雪花氷(シュエホワピン)と呼ばれる大人気かき氷。

 

近年、台湾の有名店が東京に出店され大きな話題となりました。テレビや雑誌などメディアで紹介されること多数。一気にその認知度をあげました。

 

それが館山で楽しんでいただけます!

それも大人気マンゴー!なんと果汁50%!

この不思議なふわふわかき氷、いちどは体験してみてください。

 

しかし!やはりそれだけでは物足りない。

やっぱり日本のシャリシャリ氷も食べたい!

いや、これを一緒に食べてみたらどうなるんだろう?

そう、これが日本と台湾のかき氷コラボレーション!

 

やってみると、ひとつぶで二度美味しいかき氷になりました。

上は台湾式ふわふわのマンゴーかき氷、下は日本式シャリシャリレモンミルクかき氷。この2つを別々に食べても、一緒に食べてもおいしいー!となること請け合いです。

上に練乳をかけることもできますのでお知らせください。

 

実は店主が台湾に住んでいたこともあり思い入れのある逸品となっております。

 

※おやつマルシェはイベント出店時にこの台湾かき氷を出品することがございますが、イベントでは日本式シャリシャリはなく、台湾式のふわふわかき氷のみとなります。

 

ちなみに、館山いちご100%たっぷり果肉かき氷、ふわふわアイスのようなマンゴー台湾かき氷の氷は、ゆっくりと水を撹拌しながら透明に凍らせた純氷を使用しております。

 

ぜひ、千葉県館山で、館山産いちごかき氷や台湾かき氷をお楽しみください。

 

このページのTOPへ