【W杯観戦イベント情報】ソーセージ=自家製ハム・ソーセージ 俊五郎 あのレジェンドも食べている!

日本代表を、応援しよう!スポーツバー・・・いや、スポーツ居酒屋で! 2018年6月19日夜、日本代表チームのワールドカップ初戦が行われ...

このイベントで出店してくださる

自家製ハム・ソーセージ 俊五郎

をご紹介します!

BAN’S☆KITCHENさんと同じく、千葉県内を中心にイベント出店しておられ、

通信販売もされています。

自家製ハム・ソーセージ 俊五郎、千葉県 千葉市 - 「いいね!」79件 · 3人が話題にしています - 俊五郎のハム・ソーセージは大量生産では味わえない、本物の味を届けたいと願って作られています。 ドイツソーセージをコンセプトに日本人の味覚にあったソーセージを作っています。
俊五郎のコンセプトは、大量生産では味わえない美味しさへの追求〜日本人の味覚にあった俊五郎でしか食べることができないオリジナル商品の開発人を感動させる食となる!!です。天然スパイスを使用し、防腐剤、着色料、増量剤などを使用せず、御家庭に安心、安全な商品をお届け致します。※合計金額¥10.000以上、お買い上げの方は送料無...

そして今回のW杯観戦イベントで、オードブル料金に含まれる料理がこちら!

オリジナル・ソーセージ!

うわーーっ!美味そう!!

「外は、パリッと中は、肉汁ジュワーとした食感が楽しめるオリジナルのソーセージです。
いろいろな種類が楽しめ、1本、1本にスパイスの香りと味わいを凝縮しています!」

とのこと!

こちらは新たに料金は必要なく、イベントに参加いただければ食べられますよ!

では、自家製ハム・ソーセージ 俊五郎さんからメッセージをいただいていますのでご紹介しましょう!

国産の厳選された上物の肉だけを使用し、天然スパイスでじっくりと熟成ののち、
桜のチップで長時間燻製して、風味豊かに仕上げております。
着色料、防腐剤、増量剤などを一切使用していないソーセージを販売‼︎

先代の、ドイツのソーセージをコンセプトにもちながら、日本人の味覚にあった
日本人の食べやすいソーセージを作っています。

ぜひもりもり食べてくださいねー!

と・・・

とある方がもりもり食べてる写真が送られて来ました。

あれ・・・この方は・・・。

まさか!あの!?

はい、日本代表サッカーファンのあなたならわかるでしょう。

どなたか当ててみて下さい。

ではいきますよ。

ワン!

ツー!

スリッ!

わかりますか?

そう、あのレジェンドです。

わからない?では、これを見ていただきましょうか。

そうです!日本が初めてワールドカップへの出場が決定した最後のゴールを決めた男。

1997年のジョホールバルの歓喜として知られる伝説の試合で、最後にゴールを決めた男。

ちなみにドーハの悲劇は1993年のこの前回大会の予選での出来事。

ジョホールバルの歓喜(ジョホールバルのかんき)は、1997年11月16日、マレーシアのジョホールバルでサッカー日本代表が1998 FIFAワールドカップ・フランス大会のアジア最終予選のアジア第3代表決定戦をイラン代表と戦い、勝利を収めたことによりFIFAワールドカップ本戦初出場を決めたサッカーの試合の日本における俗称である

wikipedia より

野人と呼ばれた岡野雅行選手でした!

この試合、当時リアルタイムで見てました!

いやー何度見ても熱いなぁ!

ワールドカップ初戦もこれくらいの盛り上がりで行きましょう!

15日19時からイベントの参加者募集しますので今しばらくお待ち下さいませ!

申し込みの早い順にお席が埋まっていきますよ!

日本代表を、応援しよう!スポーツバー・・・いや、スポーツ居酒屋で! 2018年6月19日夜、日本代表チームのワールドカップ初戦が行われ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする